微笑の応対

食堂や小物屋さんなどに入ると明るくいらっしゃいませと笑顔で返してくれる方もいれば、むすっとボソッと一礼して生じる方もいらっしゃる。そのおショップのレベルにも因るのかもしれませんが、最低限の視点行儀というものはあると思います。かりに旅館だろうがコンビニエンスストアだろうが含み笑いの一礼は下限必要なものではないかと通常感じます。視点として働いてる以外、客を聞き入れる土俵であるのだからそのことを指しなくてはいけないのではと思います。
快適視点をできると自然と有難うと言いたくなりますが、そっけない愛想の弱い視点をされると、なんなんだとツンとした応対をとってしまう。その人の応対でこちらのやる気も変わってしまうので、視点って奥が深く素晴らしいなぁと感じます。