セパ交流戦でついに首位に立った広島

昨夜の興奮がまだ冷めやらないのですが、まさか去年の「神ってる」の再現になるとは思いませんでした。去年の鈴木誠也は、オリックスとの3連戦で、3試合連続ホームランを打って、チームに勢いをつけてくれました。そのうちサヨナラホームランが2試合連続で、緒方監督が褒めた「神ってる」が流行語大賞にもなりました。そのサヨナラホームランの1本は、クローザーの平野佳寿から打った逆転スリーランホームランです。しかも平野のフォークボールです。落ちきらなかったフォークとはいえ、パ・リーグを代表するクローザーですから、極めて価値があるホームランといわざるを得ませんね。そして昨夜は実は途中まで、完全に広島の一方的な試合展開でした。オリックスのエラーも絡んで、6-1になったので、試合を見続けるモチベーションも低くなりかけていました。ところがですよ。点を取ってもらったら不安定になる大瀬良が、あいも変わらず至急で自滅を始めたのです。6-3くらいならまだ何とかなるかと思いきや、最近調子を落としているジャクソンが、同点スリーランホームランを打たれてしまうではないですか。これは追いついたほうが有利だから、引き分けでもOKだなと思っていた矢先でした。鈴木誠也が左中間スタンドの中段に放り込んだのです。