【野菜の千切り特訓!】気力も千切りされる件。

 飲食店に「接客業がやりたい」ということで現在業務をしている身。結局「キッチンを覚えてから接客した方が凄い楽」と、包丁も持ったことのないぺーぺーな筆者はキッチンに配属:とりあえず洗浄から、ということで飲食業務生活がスタートしました。

 ランチタイムが過ぎ、「調理練習のチャンス!」ということで包丁の種類や衛星のいろはから学び、「とりあえず玉ねぎ10個とニンジン5本を千切りにしてくれ」という難易度的には店長曰く中の下の調理業務をスタート。これが意外とキツイです。

 筆者は料理、といっても家庭科、家庭基礎の授業でしか実習を行ったことのない程度のペーペーの身。しかも当時は女子の為に洗浄とモノ運びに重視していた、いわゆる「調理実習あるある」の補佐役を務めていたので実質ゼロスタート。しかもサウスポー。前途多難。

 まず玉ねぎの千切り。千切りといってもサラダに入ってるような超薄く切る作業です。半分に切って1mmに切っていく簡単な作業のハズ…が、フォームから注意事項、慣れない手つきで全然薄く切れずじまいでした。見かねた上司が一緒に練習に付き添ってくれたのですが、1mmという繊細な度合い、左利き故の包丁遣いが非常に困難な点。上司もため息モノでした。切るときには「スッ」と刃が通り、4割の確率で空打ちしてしまい、玉ねぎ一つで一時間かかってしまいた。

 次はニンジンです。短冊切りにしてからまとめて1mm程度の細さに。まるで糸のようなしなやかさがノルマです。筆者は同じ通りにやったつもりなのですが、ちょっぴり細い野菜スティック並みの太さにどうしてもなってしまいます。またまた見かねた上司が登場:切り方は問題なのですが、「本当に慣れてないんだね」と失笑されてしまいました。ニンジン一本でこちらも一時間かかってしました。

 料理というもので「切る」地点から非常に気力まで文字通り木っ端微塵切りにされてしまいました。しかし、逆にそれが伸びしろいっぱいと分かった筆者の努力という起爆剤に炎が付きました。千切り千本ノック、今後とも頑張ります!

オリンピックといえども利害関係はある

リオデジャネイロオリンピックは日本人選手の予想を上回る素晴らしい大活躍でメダルラッシュとなりました。めざましい成果だったと思います。東京オリンピックでの活躍も期待できますので楽しみです。しかし少し懸念されることがあります。あまり日本人選手が勝ちすぎると不可解なルールの変更が白人により行われることがあります。

過去にさかのぼりますと競泳の鈴木大地選手が圧勝した後にはすぐさまルールの変更がありました。スキーでは荻原兄弟が他を寄せ付けない強さを誇っていましたが、突然のルールの変更により状況が変わり勝てなくなってしまいました。モーグルの上村愛子選手のときは度々のルールの変更により翻弄されました。

モーグルの不可解なルールの変更は1度ではなく数度に及びました。そのため上村愛子選手はその度にオリンピックの表彰台から見放されました。圧倒的な強さを持っていましたがルールの変更により苦汁をなめさせられました。本当に残念です。

オリンピックではありませんが、野球のWBCでは日本が連覇した後にルールの変更がありました。スケートの荒川静香選手はオリンピック間近という時期にイナバウアーは得点に加算されないというルールの変更により、プログラムの変更を余儀なくされました。本当に嫌がらせのようなルールの変更が度々あります。

白人が勝っていたらルールの変更はされなかったのではないか?と思わせるような不可解で理不尽なルールの変更があります。浅田真央選手のときも言いがかりのようなルールの変更により本当に苦しめられました。ずっと子供の頃から行ってきたジャンプがルールの変更により修正せざるを得なくなりました。

そのために勝利から遠ざかることになってしまいました。実力は世界一といえるものをもっていましたがなかなかジャンプの修正が上手くいかずに思うようなパフォーマンスを発揮できなくなりました。スランプではありませんし、実力が落ちた訳でもありません。子供の頃からのジャンプができなくなりミスが増えました。それほどジャンプは微妙なものなのでしょう。これらの選手たちは間違いなく世界一の実力を持っていました。世界に誇れる日本人選手です。全員に称賛と金メダルを送りたいです。

今日も1日お菓子を食べてました。

お菓子って美味しいですよね?

洋菓子も和菓子も好きです!

とくに最近は梅のお菓子が大好きで、見つけるとついつい手にしてしまいます!

梅味のおせんべいとか、ポテトチップスも好きですし、あとグミも大好きです。

あの酸味がたまりませんよね?!

あとお菓子を食べていると止まらないのが炭酸ジュースですね。

お菓子と炭酸ジュース片手にテレビを見ながらダラっとする、そんな乾いた1日もたまにはいいと思うんですよ。

私にとって最高のストレス発散方法でもあり、最高の1日の過ごし方でもあります。

休みの前日にコンビニやスーパーでお目当のお菓子を探す時間もとっても好きです。

新商品チェックとかもついついしてしまいます。

今日も本当に幸せなお菓子日和でした☆

ポケモンGOは一体全体乏しいのか

世間で今騒然のブームとなってあるアプリケーションがある。『ポケモンGO』です。こういうアプリケーションは表通りの各国を歩いてポケモンを探しゲットするチャットとなっている。そうして、こういうアプリケーションによって困難問題になっているのは『徒歩スマホ』によるアクシデントです。
昨今、日本ではポケモンGOによる徒歩スマホのアクシデントでの死亡件数が2事となっている。これにより、ポケモンGOのプロデューサー側にバッシングが集中しているが、別途プロデューサー存在が小さいわけではないだろう。徒歩スマホをするゲスト側に責務があるといったわたしは感じる。
とどのつまりやり方の問題なのである。ポケモンGO自体は閉じこもりの方が外に出るきっかけになり、色んな人たちと関係をもてる手がかり構成として有能なアプリケーションとしての部分もある。
これからは、別途マナーに努められる『ポケモンプレーヤー』が増えるみたい、地域の行政も協力して事故を防ぐメカニックスを考えて望む。今すぐクリック

キャッシング、それはいつかは立て直す品物

単純な文字の入れ換えでこんなにも空気は変わってしまうのか「50万円をキャッシング」と「50万円を貸出」実質的な会話はとても同じなのだが前者にはどうにもカジュアルな気軽さを感じて仕舞う。気軽にキャッシングは言うが気軽に貸出は言わないだろう。こういうキャッシングという肩書きと、カードによる非面談バリエーション拝借方法の2つがわれわれに家計において、金銭を借りるに関してのバリヤを低くしたことは確かである。悪いことだとは思わない、私も何度か利用したがとっても便利でありがたいシステムである。先3太陽で月収太陽だが急性出金が必要になった、そんなとき周囲に借りて迷惑をかけたり恥ずかしい思いをするより、機械にカードを突っ込んでハイパーリンクを圧すお客様を選んで仕舞うのも感情であろう。だが便利で気軽だが貸出には変わりないのだということを置き忘れると、案外困っていないシーンも「あ、ここほしいけど金銭薄いや、じゃあキャッシング決める」という安易なフットワークに結びつくのは明瞭です。金銭がなければ元来我慢するか、稼ぐかしかないのに恰も自分の銀行財布から引き落とすような感覚で金銭を借り受ける。貸す横が腹黒いか借り入れる横が小さいかなんて言っても徒労、何だか安易なしかたを選んでしまうのは人間の性であるのだから、借り入れる側にすれば、いつかは戻す金銭です、今自分の握りこぶしにおけるのは安心だがこれは人様からタイミング預かっている存在ですと要に命じることが必要である。借りる前にはたして返せるのかきちんと考えなくてはならない低金利で借りたい方はこちら

異国ドラマ 「THE BRIDGE」にはまっています

ボクは最近ほど外国ドラマにはまっています。いよいよみたドラマは「24」。ご存じの方も多いとおもいますが、アメリカのテロ目論み系列のジャックバウワーがキャラクターのドラマだ。企画を選ばないキャラクターは不具合もありますが、それなりに納得してしまう。まず、「24」をきっかけに私の外国ドラマ観まくり一生が始まり、近頃夢中になっているのが、[THE BRIDGE」。スウェーデン婦警ととデンマーク婦警が管轄するおどろおどろしい人殺しイベントを解決して行くものです。1季節10内容3季節まであるようですが、今までみたドラマと大きく異なるのが、ヒーローの奥様お巡りさんの作風だ。複雑な生い立ちがあり相性がある意味歪んでいます。歪んでいるという語勢はほんのり違う。堂々超えるんです。嘘が言えない。不必要な告白はしない。我々を基準に相手にもそれを捜し求めるので、交信が持てない。ギャグも交流辞令も余談も彼女にとっては何の意味ももたないのです。マミーから心身ともに強く傷つけられ、母性本能もないのです。他人にやさしくすることも、やさしく罹ることも彼女には価値がないのです。こんな彼女が、少しずつ人並の情緒を芽生えさせてくれるお客様が登場するのですが、そんなゲストが死んでしまったり、去っていったりし、そんな時彼女の眼にも涙が・・・。でも、英知検証で、妥協を許さない、優秀なお巡りさん。彼女が続々イベントを解消に導いて出向くこういうドラマすごいんです。将来、見てくださいね。収入なしでも安心して主婦がお金を借りる方法あります

中東の笛っていうけれど、そうなのかな?

きのうのサッカーの賭け、我が国はUAEに負けてしまったけれど、実に公判の判定で人達「?」が引っ付くような現実があって、きわめ組み込みは末日、1-2からの浅野が押し込んです球を到着って認めなかったことでした。リプレイでは到着に見えるので、映像判定があれば覆って到着は認められたハズ。
無念と言うか、うらめしいと言うか、やり切れないと言うか。
ただ、公判がカタールパーソンだからUAEに有利な判定が目立った、という声がネット上で行き渡るけれど、実にそうなのか、ヒアリングに見紛う。
仮に、UAEといった日本の賭けを韓国パーソン公判が担当するからには、もしかしてUAEのマニアは「韓国は我が国という間近い、おんなじ東アジア仲間だから、日本に有利に笛を吹くに違いない」と思われるかも知れないけれど、邦人だと逆に「やっぱり日本に不利な判定をなるかも」という心配してしまうかも。で、ちょっと調べてみると、本当はUAEといったカタール、せめて国の外交平均では、近しくないどころか、UAEはカタールから大使を引き上げて、隔絶時点だって。
も、物言いが生きる仲間、何とかUAE寄りに偏っちゃうのかな。マイナチュレで産毛が生えてきた理由

返済ものを上手に利用したキャッシング

サラ金のキャッシングにおいていて安楽ですなと感じているのは、借りたり返したりが自由にできる仕方。
やはり、好きなだけ借り入れるとか、戻すのはいつまででも済む、といったことではありません。
限度額という範囲が決まっていて、その範囲の中に収まっていれば仮に借りても大丈夫なのです。
生活に余裕がある時折多めに出費して範囲を広げておいたり、ピンチの時には限度額いっぱいまで借入を通してみたり、
自分の生活パターンによって自由な出費のしかたができるのがキャッシングの醍醐味なのです。
キャッシングにおいても慣れないうちは用法の手法がつかめないかもしれません。
キャッシングにおいていらっしゃるみんなが限度額の中で自分の都合でやりくりしているのが多いですね。
こういう用法は慣れてくるとはたして使い勝手が良いのです。
自分のふところを外部に持つような勘だ。
といっても、借入をしていることには間違いありませんので、対価の役割は慎重に考査をする必要があります。
際限なくお金を使ってしまうと生計が破綻してしまうのは、もちろんサラ金に原因があるわけではありません。
キャッシングを計画的に利用すればこれほど便利なものはありません。
限度枠を上手に利用しても生活費決断に利用している人も満杯おる。
もし限度枠を広げてほしいといった欲があればサラ金に相談してみるのもよいでしょう。
ことごとくといったわけではありませんが、考査しだいによっては増額によって得るかもしれません。キャッシング限度額は年収が決め手になる

夏にやる減額について

私の中で夏場はひときわ削減に力を入れないといけない旬だったりします。何故なら何も意識していなかったら水道勘定も電気代も全ての季節の中で夏場が一番加わるからです。たいてい瓦斯料金に関して言えば冬場が一番要するんですが、夏はシャワーを浴びる度数も、洗濯をする度数も増えますし、電気は言うまでもなくクーラーですね。

また何となく白々しい売り物を買い食いしてしまう季節でもあります。外出して暑いから涼を求めてアイスや飲料を飲んでしまうし、コンビニで購入するから割高になってしまう。

だからクーラーは低めの気温に設定したり、眠る時はタイマーにしたり、曇りの日はつけずにアイスノンで凌いだりといった努力をしていらっしゃる。あとアイスは仕事デパートなどが低いのでそこで購入したり、あと家でカキ氷を作ったり、チューペットを固まらすといったことをせっせとしています。あと水分は水筒を持ち歩く結果飲料を購入するのは防ぐようにしています。

魔法瓶にするとある程度白々しい状態で持ちますし、最近はさんざっぱら小さくて小柄な水筒が多いので持ち運ぶのに便利だと言えます。他にも住居は夏は1スパンサマータイムだったりします。寝る時間を1スパン早くして1スパン手早く生まれる。私の部屋は日当たりがとことん夏は日の出のスパンが早いし明るくなるので起きてしまうのでそうしていますが、電気代の削減にはなりますね。低金利でお金を借りる

自ずとはまってしまった『とと姉ちゃん』

朝ドラの『とと姉ちゃん』にはまっている。

最初はほとんど関心はありませんでしたが、
ぽっきり出社前に放映しているので、
調整をしながらチラホラ見ているうちに、
少しずつキャラクターたちに心境移入していきました。

この頃では、見逃してしまうと落ち着かないので、
撮影を通じてじっくり見るようにしています。

朝ドラは、他の民放ドラマと違って、
放映期間が長い結果、
キャラクターのライフスタイルがますます深く、詳細に写生されます。
演ずる歌手様たちも、
回を続ける毎に更に役に馴染んで行くばかりでなく、
キャラクターの育ちとともに、
歌手として成長して出向く具合が窺え、
それも毎度TVを見極める強みの一つになります。

『とと姉ちゃん』の放映開始時は、
いまだに坊やだった主人公の常子は、
争いを経て執筆オフィスを立ち上げ、
いまではオーナーとして精進消息筋。
今後の進化とともに、
常子を演ずる高畑允希様基本、
出席ヒューマンの面々の好演に考えしたいと思います。抜け毛にマイナチュレ