オリンピックはアスリートファーストで行なわれるべき

オリンピックはお金もかかるし、スポンサーの関係がいろいろあるのは分かりますが、もう少しアスリートファーストで大会を運営できないものなのでしょうか。スキージャンプなんて夜中まで試合をしていてかわいそうすぎます。いくら選手は同じ条件の中での競技とは言っても、風がものすごく気温も低く、さらに強風による度重なる中断。最後、終わって表彰式には観客がもういなかったということです。そうでなくてもジャンプ競技なんて危険を伴う競技なのに、あまりにもひどすぎませんか。

欧米時間に合わせて競技時間を行なうなどもってのほかだと思うのですが。選手が4年間頑張ってきたのですからできるだけベストな条件に近い状態で試合に臨ませてあげたいです。応援している人は、夜中だってきっとテレビを見ると思いますよ。フィギュアスケートもアメリカの時間に合わせるために午前からの競技開始ということです。皆さん、午前中からの試合などあまり経験していないので、コンディション調整も大変だと思います。東京オリンピックは是非ともアスリートファーストで競技を行えるようにしてほしいなと思います。日本の選手有利というのではなく、どの選手にも平等な大会であってほしいです。日本はおもてなしのこころをもって、どの国の人にも良い気分で、良いオリンピックだったと思ってもらえるような大会にできるといいなと思っています。

電話口での珍応答

私のいる職場は研究機関の補助を行っているセンターで、電話をかけると言ったら慣れた取引先や社内の人間からくらいで、全員がさほど緊張感もなく対応しています。

そんな職場で、色んな人の電話が聞こえてくる訳ですが、みなさん揃って慣れていないので、自分を含めて言い間違いや、珍会話が毎日生まれてきます。

そんな珍応答を少しご紹介します。

まずは私からです。

他人のことを言う前に自分の失敗を言わない訳にはいきませんから。

私「はい、〇〇センターでございます。」

取引先「△△管理会社です~。秘書さんおられますか?」

私「すみません、いま打合せ中に入っておりまして」

ん?打ち合わせ中に入るって何やねん、と後で自己ツッコミしました。

次は、その秘書さんの珍会話。

プルルル(電話が鳴る)

秘書「お世話になっておりますぅ。××(自分の苗字)です。…あ!」

会社名を言わないでフライングしたかと思ったら、苗字先に名乗っちゃった!という珍応答でした。

その後、彼女の周りに変な空気が流れていました。

最後に、センター長の言い間違い。

センター長「では私が取りに行きます。」

取引先「(おそらく『いえ、こちらからお持ちします』と言ったと考えられる)」

センター長「ああ、じゃあお持ちで。」

後で聞いたらみんな「お餅?」と考えたと言っていました。

研修会しなくて、大丈夫かな…。