セパ交流戦でついに首位に立った広島

昨夜の興奮がまだ冷めやらないのですが、まさか去年の「神ってる」の再現になるとは思いませんでした。去年の鈴木誠也は、オリックスとの3連戦で、3試合連続ホームランを打って、チームに勢いをつけてくれました。そのうちサヨナラホームランが2試合連続で、緒方監督が褒めた「神ってる」が流行語大賞にもなりました。そのサヨナラホームランの1本は、クローザーの平野佳寿から打った逆転スリーランホームランです。しかも平野のフォークボールです。落ちきらなかったフォークとはいえ、パ・リーグを代表するクローザーですから、極めて価値があるホームランといわざるを得ませんね。そして昨夜は実は途中まで、完全に広島の一方的な試合展開でした。オリックスのエラーも絡んで、6-1になったので、試合を見続けるモチベーションも低くなりかけていました。ところがですよ。点を取ってもらったら不安定になる大瀬良が、あいも変わらず至急で自滅を始めたのです。6-3くらいならまだ何とかなるかと思いきや、最近調子を落としているジャクソンが、同点スリーランホームランを打たれてしまうではないですか。これは追いついたほうが有利だから、引き分けでもOKだなと思っていた矢先でした。鈴木誠也が左中間スタンドの中段に放り込んだのです。

寒くてもウォーキング続けよう!

今日は、午前中に夕食の下ごしらえを済ませたので、

少し遠くの運動センターまで行って、クロスカントリーコースを歩いてきました。

ここは県の施設で、週末は地域のサッカーJ3チームの試合など大きなイベントがあるようなところなのですが、

平日は割と閑散としていて、あまり人に会いたくないときとかにはもってこいの場所。

2回しか来たことがないのですが、2.1キロのコースで、足に負担のかからない素材で作られていてとても歩きやすいのです。

足のケガが完全に治らずまともな速さで歩けないので、体育館内の狭いランニングコースは邪魔になるし

ここならだれにも気兼ねなく、スローペースでウォーキングできます。

車から降りると思ったよりも寒くて、一瞬帰ろうかと思うほどでした。

意外と歩いてる人もいるし、ここで帰ったらガソリンの無駄!と思い直し

30分ほど歩くと、ケガした方の膝の外側が少し痛くなってきました。

休んだほうがいいんだろうなー、でも結構寒くて座っていられないしもう少し歩いてみよう、と

そのまま進んでいくと、今度は太ももの付け根に痛みを感じました。

でもひざの痛みはなくなっていたし、もう少しでゴールだし、と思い切って歩き続けてみました。

結局45分くらいでスタート地点に戻ることができて、車に乗り込み寒さから逃れました。

近くのコンビニであったかいコーヒーを買ってひと休み。

寒い中、自分を奮い立たせて歩いたごほうびに、小さなお菓子も買いました。

いつのまにか足の痛みも治まっていて、気分もほっこり。

また天気がいい時はここに来ることにしようと思いました。