夏にやる減額について

私の中で夏場はひときわ削減に力を入れないといけない旬だったりします。何故なら何も意識していなかったら水道勘定も電気代も全ての季節の中で夏場が一番加わるからです。たいてい瓦斯料金に関して言えば冬場が一番要するんですが、夏はシャワーを浴びる度数も、洗濯をする度数も増えますし、電気は言うまでもなくクーラーですね。

また何となく白々しい売り物を買い食いしてしまう季節でもあります。外出して暑いから涼を求めてアイスや飲料を飲んでしまうし、コンビニで購入するから割高になってしまう。

だからクーラーは低めの気温に設定したり、眠る時はタイマーにしたり、曇りの日はつけずにアイスノンで凌いだりといった努力をしていらっしゃる。あとアイスは仕事デパートなどが低いのでそこで購入したり、あと家でカキ氷を作ったり、チューペットを固まらすといったことをせっせとしています。あと水分は水筒を持ち歩く結果飲料を購入するのは防ぐようにしています。

魔法瓶にするとある程度白々しい状態で持ちますし、最近はさんざっぱら小さくて小柄な水筒が多いので持ち運ぶのに便利だと言えます。他にも住居は夏は1スパンサマータイムだったりします。寝る時間を1スパン早くして1スパン手早く生まれる。私の部屋は日当たりがとことん夏は日の出のスパンが早いし明るくなるので起きてしまうのでそうしていますが、電気代の削減にはなりますね。低金利でお金を借りる